ヒゲ脱毛の不安や疑問をQ&Aページです。ヒゲ脱毛痛み、終わるまでの回数や期間、施術時間や抜け始める時期など、ヒゲ脱毛に関してよくある質問をまとめした。

ヒゲ脱毛で知りたいことQ&Aまとめ

更新日:

ヒゲ脱毛で知りたいこと

ヒゲ脱毛に関する不安や疑問についてお答えしています。

・どれほどの痛みなのか?
・何回ぐらい脱毛しないといけないのか?
・いくらかかるのか?

そんな疑問をまとめました。

ヒゲ脱毛の痛みに関してはこちら

結論から書きますと、

安く短期間でヒゲを永久脱毛したいなら「メンズリゼクリニック

痛みが少ない、月々の費用を抑えたいなら「メンズ脱毛RINX

白髪も脱毛したい!そんな方は「メンズTBC

を選べば間違いないでしょう。

ヒゲ脱毛が終わるまでの回数は?

各脱毛法の終了まで回数の目安について挙げていきます。

レーザー脱毛の平均的な回数

レーザー脱毛は高出力のレーザーを使用するため、フラッシュ脱毛と比較して早めに脱毛が完了する事が多いです。回数としては5回から10回で脱毛を完了する人が多いです。3回目の施術で多くの人が効果が実感できるようです。

中には一回目の施術で青ヒゲの悩みから解放された方もいます。レーザー脱毛は威力があるので、表面にある3分の1のの成長期のヒゲが、ほぼ全て脱毛できたということになります。

ニードル脱毛の平均的な回数

ニードル脱毛の場合、一回でヒゲの生えている全ての部分を処理するのが難しいです。普通のヒゲの方であれば、1年で合計20時間から40時間で肌がツルツルになる事が多いようです。

回数はエステサロンの予約状況や、一回に行ける時間の長さにもよりますが、一回1時間とすれば、20回~40回となります。しかし、ニードル脱毛の強い痛みに1時間も耐えられないという方なら、1回30分として、40回~80回となるでしょう。

フラッシュ脱毛の平均的な回数

フラッシュ脱毛の場合は4回コースや6回コースを用意しているところが多いです。フラッシュ脱毛はヒゲ自体の毛質が太いので、脱毛が早めに終わる人が多いようです。

大体6回、長くても9回で施術を完了する人が多いです。中には10回から20回という人もいました。

※脱毛の完了回数の目安は、クリニックやエステサロン、また個人の毛の質や範囲により異なります。

脱毛サロンに通う間隔・毛周期との関係について

毛周期とは、毛の再生サイクルことで、成長期、退行期、休止期の三つに分かれています。

永久脱毛は成長期の毛のみに効果的であり、そのために何か月おきに脱毛施術を行っていく必要があるのです。

ちなみに、成長期の毛は、表面に生えている毛の3分の1の割合であり、一回目の脱毛で成長期の毛を全て脱毛できれば、3分の1の毛が減ることになるので、施術が進むにつれ、減毛を実感できます。

しかし、その事で後半の施術において、脱毛効果を感じにくくなってしまう人もいるようです。

 

ヒゲ脱毛にかかる費用はどれくらい?ヒゲ脱毛の相場を教えて

どの脱毛にするか決める際に、まず気になるのが脱毛にかかる費用。クリニックやエステの脱毛はどれも高価格なイメージがあります。

実際、どのくらいかかるのでしょうか?

この回では、大手のクリニックやエステサロンの例を挙げ、それぞれの脱毛方法別の費用について見ていきます。

レーザー脱毛の相場

レーザー脱毛は健康保険が適用されず、自由診療となっているため、その料金体系は様々です。

以下に代表的なクリニックにおける、レーザー脱毛の料金について挙げます。

一般的に、大手などは経営状態が良いため、安すめの価格で、個人医院は高めの傾向があるようです。

また、クリニックよっては、別途カウンセリング代や薬代がかかるところがあります。

・メンズリゼクリニックのヒゲ脱毛

リゼクリニックのヒゲ脱毛

<公式>メンズリゼクリニックを見てみる

 

ニードル脱毛の相場

一回の施術の手間がかかるため、同じエステでの脱毛であるフラッシュ脱毛に比べて、料金が高いのが、ニードル脱毛です。料金体系も特徴的で、部位別の料金設定ではなく一本当たりや時間当たりの料金設定を行っているところが多いようです。

・MEN’sTBC

メンズTBCのヒゲ脱毛

<公式>メンズTBCを見てみる

フラッシュ脱毛の相場

キャンペーンなどで安い料金で始められるのがフラッシュ脱毛の特徴です。

エステサロンによっては、脱毛自体の費用の他に、トリートメント化粧品を別途購入する必要があります。

・メンズ脱毛リンクス

メンズ脱毛リンクスのヒゲ脱毛

<公式>メンズ脱毛リンクスを見てみる

※脱毛料金については、最新のものでない可能性もあります。最新の料金については、公式のホームページにて確認して下さい。

 

やはり、どの脱毛法にしろ、お金はかかります。しかし、脱毛することで、数年もしくは一生の自己処理の手間が省けるのなら、1年あたりの金額は安いと言えるのかもしれません。

1回のヒゲ脱毛治療にかかる時間は?

ヒゲ脱毛を開始して、気になるのは、一回の施術時間。

まとまった空き時間に予約を入れて、有効に時間を使いたいですよね。

以下に、脱毛方法別にヒゲ脱毛にかかる一般的な施術時間を説明します。

※施術時間はヒゲの範囲や施術クリニックやサロンにより異なることがあります。

ニードル脱毛の1回の施術にかかる時間

ニードル脱毛は、毛の一本ずつ処理していくので他の脱毛方法と比較して時間がかかるのが特徴です。予約状況にもよりますが、一度の施術で全てのヒゲの脱毛処理はとても無理なので、一回目は鼻の下、次回は顎の下という風に、その都度脱毛部位を変えたり、ヒゲのある部分全体を間引きしていくように処理することになります。
一回あたりの施術時間は少なくとも30分から1時間をとるケースが多いです。。

レーザー脱毛の1回の施術にかかる時間

レーザー脱毛は施術自体は10~15分で終了します。脱毛前のクーリングについては、器械のハンドピースに皮膚を冷却する装置がついており、皮膚を冷やしながら脱毛を行うことができます。
なお、医院にてシェービングする場合は、上記の時間にプラス10分と考えればよいとでしょう。

フラッシュ脱毛の1回の施術にかかる時間

フラッシュ脱毛の施術自体は、レーザー脱毛と同じく、10~15分で終了します。その後、脱毛部位にジェルパックを10分程度当ててクーリングを行います。
なお、エステサロンにてシェービングが行われる場合は、上記の時間にプラス10分と考えればよいでしょう。

※予約したクリニックやエステサロンによって、さらに施術時間がかかるケースがあります。

未成年者でも脱毛できる?未成年者のヒゲ脱毛の注意点とは

高校生などの未成年者でも、自分のヒゲに悩んでいることは多いです。
ヒゲ脱毛は未成年者でも施術を受けることができます。
しかし、未成年者のヒゲ脱毛時には注意点があり、以下に説明していきます。

脱毛後にヒゲが生えることがある。

一般に、ヒゲに関わる男性ホルモンの分泌は17~20歳がピークとなり、その後の20~25歳で男性の身体が完成していきます。つまり、未成年者の場合、今後ひげが濃くなっていくのが普通です。
自身のヒゲにコンプレックスがあり、未成年のうちにヒゲ脱毛を受けた場合、その後、違う場所からヒゲが生える可能性が十分にあります。そのような場合、再びヒゲ脱毛の施術を受ける必要性が生じるため、結果的に時間も費用も倍以上かかることになります。

脱毛には保護者の同意が必要

脱毛施術に関しては、医院で行う場合は、レーザー脱毛は医療行為であり、保護者の同意が必要となります。また、エステサロンで脱毛を行う場合は、相手側と契約を行うことになるので、同様に保護者の同意やサインが必要になります。カウンセリングや脱毛体験の際にも、保護者の同意を求めるサロンもあるので、未成年者の場合は事前に保護者に説明して、理解と了解を得る必要があるでしょう。

未成年者でヒゲ脱毛を受けるかどうかはは、これらの事項を把握した上で、判断する必要があると言えます。

施術後、ひげはすぐに抜けるのか?施術後のひげの抜け方

脱毛施術後、どのくらいでヒゲのないきれいな肌が手に入るのかは、誰もが気になるところです。
なるべくなら早くヒゲのない肌を手に入れたいと、多くの人が思うことでしょう。
以下に施術後のひげの抜け方について、脱毛法別に説明していきます。

ニードル脱毛の施術後のひげの抜け方

ニードル脱毛は施術時に、電気針を使って1本1本毛を抜いていきます。そのため、施術直後に脱毛した箇所の毛が残ることはありません。脱毛施術当日は、処理した部分はすぐにヒゲのない状態となることができます。ただニードル脱毛の場合、一本一本の脱毛の処理に時間がかかることから、一回にできる施術面積が限られるため、一回のクールで何回かにわけて施術していくのが一般的です。。

レーザー脱毛

一般的に脱毛施術後、平均して1週間程度、遅くとも10日程で毛が抜け落ちます。施術を受けた毛は自然に抜けますが、入浴後や顔をタオルで拭いた時など、物理的刺激が加わった時に、毛が抜けることが多いようです。

フラッシュ脱毛

フラッシュ脱毛の場合は、施術後1週間から2週間位で毛が抜け落ちます。レーザー脱毛と同様に毛は自然に抜けます。毛根から抜けて効果的な脱毛効果を得られるように、自分で無理に毛を抜こうとするのは禁物です。

ヒゲ脱毛後は二度と生えなくなるのか?

一般にレーザー脱毛やフラッシュ脱毛は、医院やエステサロンで「永久脱毛」と謳っていても、数年後に再び毛が生えてくることがあります。
以下にそれぞれの脱毛に関して、どの程度なのか説明します。

(1)レーザー脱毛でヒゲを脱毛したときの効果

レーザー脱毛は、数年後を目安に毛が生えることがあります。生えてくる毛は、産毛だったり、毛の数も数本だったりするケースが多いようです。そのため、再び毛が生えても、ヒゲの自己処理は楽であると言えます。
なお、再び生えた毛が生えてきた場合は、無料で施術を行ったり、従来の施術費用より安く施術を行ってくれる医院もあります。アフターフォローについては、事前にインターネットで調べたり、医院へ直接電話などで聞いてみるとよいでしょう。

(2)フラッシュ脱毛でヒゲを脱毛した時の効果

フラッシュ脱毛も数年後に毛が生えてくることがあります。またその頻度は、レーザー脱毛と比べて多いとされていて、「数年後に元通りになってしまった」という方もいます。元通りとは言わずとも、元の毛より細めのヒゲが生えてくることが多いようです。
再び生えてきた毛に対しては、エステサロンで新たに施術を申し込み、契約する必要があります。
また、フラッシュ脱毛は施術が進むにすれ、毛根を破壊しきれなかった毛が完全に抜けずに、毛が細くなっていきます。
知らなかった!永久脱毛はニードル脱毛だけでも書いているように、永久に脱毛したいならニードル脱毛しかありません。
※毛の再生に関しては、個人の生活習慣やホルモンの状況により異なります。

ひげ脱毛後は肌荒れするのか?肌トラブルについて

肌の敏感な方にとって脱毛後、気になるのが肌トラブルです。
以下に、脱毛法別の肌荒れやアフターケアについて説明していきます。

(1)ニードル脱毛でヒゲを脱毛した時のトラブルとは

一本一本の毛の処理に、電気針を指して脱毛していくのが、ニードル脱毛です。そのため、脱毛処理後はには皮膚に赤いプツプツとしたものができ、色素沈着が残る場合もあります。クリニックの場合は、薬が処方されますが、エステサロンの場合は、高価格のケア商品の購入を勧められてしまうことが多いようです。

(2)レーザー脱毛でヒゲを脱毛した時のトラブルとは

レーザー脱毛はフラッシュ脱毛と比較して、高い出力のレーザーを使用し、脱毛を行うので、顔など肌の敏感な場所への施術は、肌の赤みや火照りが生じる軽い火傷のような状態になることがあります。そのため、施術前にはクーリングが行われます。
しかし、レーザー脱毛はクリニックで医師の元で行われるので、その後の肌トラブルが生じた際は、薬が処方され、適切なケアを受けられるので安心です。

(3)フラッシュ脱毛でヒゲを脱毛した時のトラブルとは

フラッシュ脱毛は、レーザーより弱い出力で行われますが、レーザー脱毛と同様に、施術前後にクーリングを行います。肌に重要なトラブルが起きた際は、エステサロンでは手当を行うことができないので、医師へ受診する必要があります。
また、過去に顔にヒゲ脱毛を行って、患者に火傷を負わせてしまい、検挙されたサロンもあります。また、そういったところでは二次被害を防ぐために、ヒゲ脱毛を実施していない所もあります。

-ヒゲ脱毛

Copyright© 口コミで人気!メンズ脱毛サロンおすすめランキング2018 , 2018 All Rights Reserved.