今や脱毛するのは女性だけではありません。毎日のヒゲ剃りが面倒くさい方、青髭で悩んでいたり、胸毛やすね毛が濃いことでコンプレックスを抱えている方に、脱毛で失敗しないためにおすすめの男性専用脱毛エステサロン・クリニックをご紹介!

男の脱毛Q&A

やっぱり痛い?フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の痛みについて

更新日:

最近では男性の間でも脱毛する方が増えてきましたが
女性よりも脱毛の痛みを気にされるのは男性の方が多いそうです。

しかしながら、最新の脱毛器は少ない痛みで脱毛するくことができるようになっています。

ここでは、脱毛方法による痛みのレベルについて詳しく解説していきたいと思います。

脱毛といってもレーザー脱毛、フラッシュ脱毛というように、痛みの強さが変わってきます。

フラッシュ脱毛は比較的痛みが小さい

フラッシュ脱毛というのは、レーザーやニードル脱毛と比べても、もっとも肌への負担が少なく、そして痛みのほうも比較的に少ないということで知られています。

とくにVIOなどのデリケートゾーンを脱毛するときの痛みというのは強く
毛も太いため他の部位よりも痛みを感じやすいということで知られています。

そのため、毛が太く生えているヒゲやVIOの脱毛では、リンクスなどのフラッシュ脱毛で施術するクリニックを希望するが男性が多いです。

フラッシュ脱毛であれば、全身脱毛であってもほとんど痛みを感じることなく脱毛をしていくことができるので、痛みに敏感な方におすすめです。

レーザー脱毛はやっぱり痛い

レーザー脱毛というのはとくに痛みが強いといわれているように、ヒゲはかなり痛いという方が多いですよね。

医療レーザー脱毛で施術中に感じる痛みを良く輪ゴムをパチンとはじいたような痛さと表現されることが多いのですが、施術する部分によって感じる痛みは違います。

男性で脱毛を考えている方の多くは、ヒゲの脱毛か、IOラインの脱毛を希望する方が多いのですが、
そのどちらもかなり痛みを感じやすい部位です。

これから脱毛を始めてみたいと思っている男性にも、脱毛の痛みを知ってもらいたいと思います。

痛みを感じる部位と、痛みを感じにくい部位がある理由

肌の強さに関係する

腕やひざ下など普段から露出してることが多い場所は比較的肌が強い場所になりますのでレーザー脱毛中の刺激にも割と強くなっています。
また、脇についても普段露出は多くありませんが、皮膚が刺激に強くなっているので強い痛みはあまり感じません。
それに比べて脱毛中に痛みを感じやすいのが顔全体(ヒゲ脱毛)、ひざ上の太もも部分や、VIOラインになります。
普段から露出することはなく、また特にVIO部分は肌もデリケートな部分になり刺激に弱いのです。
自己処理をしたときにも赤みが出やすかったり、肌トラブルが出やすい部分です。

痛さは毛の太さに関係する

脱毛する部分の肌の強さによってレーザーの刺激の感じ方が違いますがその他に毛の太さによって脱毛中の痛みが大きく変わってきます。
自分のムダ毛を見てみるとわかりますが、同じひざ下の部分のムダ毛でも産毛のように細いタイプのものから、濃くて前者に比べると明らかに太いタイプのものまで様々です。
レーザーの光は黒いものにより強く反応するので毛が太く濃いものに対してより強く反応し噴射し、痛みとなって現れるのです。

痛みによる施術の差

レーザー脱毛で脱毛部分や毛の太さで施術中の痛みに差は出ますが、痛みを感じるほうが良いわけでも痛みを感じないから効果が出ないということはありません。

どの程度、肌やムダ毛が反応しているかと言うことなのです。

施術中に痛みに耐えられないと感じるようなことがあればきちんとスタッフさんに伝えましょう。

レーザーのレベルを落として対応してくれるはずです。
脱毛中のレーザーの痛みに差があることを把握しながら綺麗な肌を手に入れられることが一番です。

レーザー脱毛と光脱毛の痛みについてのまとめ

今まではレーザー脱毛というのが一般的でしたので、仕方なくレーザー脱毛を選ぶしかありませんでしたが、
最近は技術も格段に進歩をしていて、とても少ない痛みで施術を受けていくことも可能になっています。

デリケートな部位の脱毛でも、ほとんど痛みを感じることなく脱毛をしていくことができるようになっています。
レーザー脱毛のメリットは、痛みが強くても、脱毛効果があるために選んでいるひとも多いかと思います。

メンズ脱毛サロンでも少ない痛みで高い効果を発揮することができるようになっていますから、
痛いのが怖くて脱毛に踏み込めないという方でも安心して脱毛することができます。

-男の脱毛Q&A

Copyright© 口コミで人気!メンズ脱毛サロンおすすめランキング2017 , 2017 All Rights Reserved.