今や脱毛するのは女性だけではありません。毎日のヒゲ剃りが面倒くさい方、青髭で悩んでいたり、胸毛やすね毛が濃いことでコンプレックスを抱えている方に、脱毛で失敗しないためにおすすめの男性専用脱毛エステサロン・クリニックをご紹介!

セルフ脱毛

男のムダ毛に家庭用脱毛器は効果あるのか?最も効果のある脱毛器

投稿日:

カミソリで剃るのは終わりにしよう

女性と比べて男性は毛の量も多いですし、胸毛・背中・お尻・スネ毛と、毛が生えてくる範囲も広い

そして、最近は女性から見ても男性のムダ毛に対して不潔、不衛生といったイメージがあるらしく、脱毛する男性も増えています。

しかし、費用が高い近くに店舗がないといった理由で、仕方なくカミソリやシェーバーで手入れをしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、毎日の髭剃りや除毛剤などの煩わしさを完全に無くすなら、家庭用脱毛器で費用を抑えながら簡単に脱毛してしまおうという事で、脱毛器の種類それぞれの特徴、そして脱毛器の比較といったお話をさせていただきたいと思います。

家庭用脱毛器って男性にも効果あるの?

自宅で脱毛できる家庭用脱毛器もいろんなメーカーさんから販売されていますが、エステと比べてとても安価なため、家庭用の脱毛器では効果が薄いだろうといったイメージを持たれているかもしれません。

昨今では脱毛器の技術もかなり発達し、繰り返し脱毛を行う事で毛根自体の機能が弱まり、毛が生えない状態に近づける事は可能とされています。

最も人気の家庭用脱毛器「ケノン」の脱毛効果を見る

メモそもそも、日本では専門のクリニックなどで行う施術以外には「永久脱毛」という言葉を使ってはならないとされているため、家庭用脱毛器の効果がなかなか認知されないといった事も事実です。

つまり、脱毛効果のある家庭用脱毛器しっかり使い続けることで、十分な効果は見込めるという事なのです。

それでは、「脱毛効果のある脱毛器」と、「脱毛効果のない脱毛器」についてお話していきます。

家庭用脱毛器ってどんな種類があるの?

男性向け家庭用脱毛器

まず、家庭用の脱毛器にはその脱毛方式による種類が大きく分けて4つあります。

脱毛器の種類・レーザー式
・フラッシュ式
・サーミコン式
・毛抜き式

各々にメリットデメリットはありますが、ここでは各方式の脱毛器の中でも代表的な商品をご紹介させていただきます。

トリア(tria)<レーザー式>

レーザー式の家庭用脱毛器の中でも、最も有名なのが「tria(トリア)」です。

トリア

トリア

本来レーザー脱毛というのは医療機関でしか扱えない脱毛方法ですが、家庭用に改良されて法的にも問題ないレベルの出力に抑えながら、効率よく脱毛できるレーザー脱毛器がトリアなのです。

実はあまりご存知の無い方が多いのですが、毛の黒さというのは「メラニン色素」です。

女性が普段から気にされていて、化粧品のCMでもよく耳にするシミやソバカスの原因となる物質ですからご存知の方も多いかと思います。

トリアは、自動でメラニン色素を狙って、ピンポイントにレーザー照射されますので、皮膚にダメージを与えることなく効率的に脱毛が可能になるのです。

レーザー式は非常に痛みが強いと言われており、「黒に反応する」という点において、元々色黒の方やシミの濃い方がその部分にレーザーを照射してしまうと火傷に繋がる可能性があるため注意が必要です。

トリアの公式サイトはこちら

ケノン(kenon)<フラッシュ脱毛>

続いて、フラッシュ式の脱毛器の代表格となる「ケノン(kenon)」のご紹介です。

ケノン

ケノン

「レーザー脱毛か、フラッシュ式か」と言われるほどで、脱毛効果はレーザー式に劣らないどころか、家庭用脱毛器の中でも最も効果を発揮するとも言われています。

ケノンは日本国内の家庭用脱毛器市場では一番の人気を誇っており、その人気こそ高い効果の裏付けとも言えるでしょう。

他の脱毛器と比べて、光を照射する範囲が広いため時間的効率が非常に良く、繰り返し使える回数も多いためコストパフォーマンスも良いという事も特徴になります。

ケノンの公式サイトはこちら

ノーノーヘア<サーミコン式>

ノーノーヘア

ノーノーヘア

ノーノーヘアの脱毛方法はサーミコン式といって、熱で毛を溶かしてカットするという技術なのですが、実はこの技術は特許を取っており、ノーノーヘアだけの特徴となっています。

「抜かない」「剃らない」という新発想の脱毛を実現したノーノーヘアは、欧米を中心に150万台も売り上げているというのですから驚きです。

カミソリ負けをしてしまう人や、剃った後のジョリジョリが気になる人にオススメです。

ただし、毛を焼いてカットしているだけなので、また毛は生えてきます。

ノーノーヘアの公式サイトはこちら

ソイエ<自動毛抜き式(泡脱毛)>

ソイエ

ソイエ

ソイエの特徴は、お風呂でも使える防水機能や、コードレスで使いやすいといったメリットにあります。

脱着可能なアタッチメントが肌を押さえて毛を抜くため、痛みは少ないと謳われていますが、実際には痛みがあるという口コミが多いのも事実です。

ただ、「音波スクラブヘッド」や「角質クリアヘッド」といったものも付属しているため、脱毛以外の用途でも使える点で購入される方も多くいらっしゃるようです。

男性が使っている動画がyoutubeにいくつか有りましたが、太ももや、スネ毛など超痛いそうです。

ソイエの公式サイトはこちら

それぞれ脱毛器の効果と痛みを比較

上記までにご紹介させていただいた脱毛器の特徴でも少しお話させていただいておりますが、脱毛器を選ぶ時に一番気になるのは「痛み」と「効果」ではないでしょうか。

ここでは、ご紹介させていただいた脱毛器の効果を「低い/普通/高い」にて比較し、併せて痛みがどれほどのものかを簡単、且つ分かりやすく一覧でご紹介させていただきます。

トリア脱毛効果:高い
痛み:照射の際にビビるほどの痛みがある
ケノン脱毛効果:高い
痛み:ほとんどない
ノーノーヘア脱毛効果:なし
痛み:痛みない。ただ温かい。
ソイエ効果:なし
痛み:毛を抜くため非常に痛い


脱毛器それぞれの仕組みから考えると痛みの原因はご理解いただけるかと思います。

これらは実際の口コミなどを見ても明らかなのですが、「痛くて使っていられない」「輪ゴムで弾かれたみたいな痛みがある」といった感想が見られます。

せっかくお金を出して脱毛器を買うのですから高い効果があるものに期待したいですし、痛みが少ない事に越したことありません。

家庭用脱毛器の特徴を男性目線で比較

ここまで、脱毛器のご紹介とそれぞれの効果と痛みについてご紹介させていただきました。

他にも脱毛器には様々な種類がありますから、それらの特徴やメリットデメリットを比較していたらキリがありません。

そこで、脱毛器として比較すべきポイントを以下のように考えると選びやすくなるでしょう。

「使いやすさ」を比較

使いやすさで比較

脱毛器に限らず、電子機器というものは「大きさ」「形」「重さ」を十分に考慮する必要があります。

今でこそ小さくなった携帯電話も、昔はショルダーバックの大きさだったのですからホントに便利になりましたよね。

脱毛器も同じです。

これは小さければよいという単純な話ではなく、女性でも扱いやすいサイズなのか、持っていて疲れない重さかといったところが重要という事なのです。

尚、各脱毛器のおおよその大きさを分かりやすく電話機に例えつつ、重さを比較してみましょう。

トリア大きさ:黒電話の受話器より少し大きい
重さ: 約580g
ケノン大きさ:普通のスマホ程度
重さ:120g
ノーノーヘア大きさ:2つ折り携帯の折り畳んだ程度の大きさ
重さ:130g
ソイエ大きさ:小さめのスマホ程度
重さ:170g

「コストパフォーマンス」を比較

コストパフォーマンスもずっと使い続けていくにあたっては重要なポイントになります。

脱毛器には本体だけで足りるものと、カードリッジ交換が必要な物とで分かれますので、使い続けていく中でもある程度の費用が掛かることは理解しておきましょう

トリア本体のみで稼働するがバッテリー寿命があり、2~4年ほどでバッテリー交換が必要になります。

バッテリー自体はそう簡単に外せるものではないため、本体ごとの交換となり、2万円程度の費用が必要。

ケノンケノンはフラッシュ照射のためのカードリッジが必要なため、使用回数を過ぎるとカードリッジ交換が必要になります。

カードリッジの種類にもよりますが、1つ7,000~10,000円程度となります。

ECサイトでは安く購入できることもありますし、本体と同時購入すると半額程度でカードリッジが購入できるため、まとめて購入すればさほど大きな出費にはならなさそうです。

新しくでた「ケノン プレミアムカートリッジ」は照射回数が大幅にアップしているので、交換の必要がないんだとか。

ノーノーヘアノーノーヘアも「サーミコンチップ」というカードリッジ交換が必要となります。

この「サーミコンチップ」の寿命は肌に触れている時間で換算して8時間となっており、カードリッジ1つが2,000~2,400円程度となっています。

8時間毎の交換ですと、全身の脱毛を行ったらすぐにカードリッジ交換が必要になりそうですね。

メモソイエは特にカードリッジなどは不要で何度も使えます。

強いて申し上げるなら、様々なアタッチメントが取り付けられますので、オプションとしてそれらのアタッチメントを購入する分の費用がかかるといったところでしょう。

いかがでしょうか。

これらのポイントを抑える事で、総合的に脱毛器の続けやすさが決まってくると思いませんか?

「使いやすい(持ちやすい)」「痛くない」「コストが安い」というポイントを各脱毛器で比較し、より有用な脱毛器を選ぶようにしたいですね。

比較の結果、最もオススメの脱毛器は「ケノン」

男性向け脱毛器No1

ここまで、各種脱毛方式による比較や、それぞれのメリットデメリットをご紹介させていただきました。

では、これらを全体的に比較したときに、どの脱毛器が最もオススメできるかというと、「ケノン」だと言えます。

その理由は以下のとおりです。

ケノンの良いところ・痛みが非常に少ない
・重さ、形、大きさが使いやすい
・脱毛効果が高い
・光の照射範囲が広いため脱毛の時間効率が良い

この4点はどの商品と比べてもケノンが優れていますので、「選ぶならケノン」と自信を持って言えるメリットになります。

上記までではシッカリご紹介させていただいておりませんでしたが、ケノンの照射範囲は他の脱毛器と比べてもかなり広いんです。

人気を二分すると言われている、トリアとの照射範囲の比較が以下です。

ケノン:3.5cm×2.0cm(7平方センチメートル)
トリア:円形型の直径8mm

ケノンの照射範囲の広さは業界でも最大のものですので、いかに効率よく脱毛ができるかはお分かりいただけるかと思います。

また、先ほどご紹介させていただいたコストパフォーマンスにおける、カードリッジの費用ですが、こんな事実があります。

ケノンを使う頻度ですが、人によって数日の違いはあるかと思いますが、目安として2週間に1回です。

それに対し、ケノンのフラッシュ照射の回数ですが、一番大きな「エクストララージカートリッジ」を低出力で照射したなら20万回照射できます。

仮に一番高い出力だとしても10000回は照射できます。

もし、全身の脱毛でケノンを使ったとすると600回の照射が必要となると言われていますので、低出力で「20万回÷600回=333回」、高出力で「20万回÷600回=約17回」の脱毛が可能という事になります。

少々数字のお話となりましたので、ちょっと難しいかもしれませんが、簡単に申し上げると、最高出力でも17回は全身の脱毛ができますから、「2週間×17回=8.5カ月」は1回のカードリッジで済むという事になります。

更に、カードリッジ交換も本体と同時購入で半額程度の6,000円(エクストララージカードリッジ)ですから、8カ月で6,000円だという事ならさほどお財布も痛みません。

さらに2017年6月に、照射回数が100万回(従来の5倍)、出力パワーも強く、脱毛効果を実感しやすくなった「プレミアムカートリッジ」が販売されました。

売れすぎて在庫が入ってくるタイミングでしか買えないとのことですが、今在庫があるかは公式サイトをチェックしてみてください。

超スピード脱毛器具 - 家庭用脱毛器「ケノン」公式ショップ
http://xn--rckyc9e.com/

ケノンは脱毛器の人気ランキングでも常に上位、若しくはトップ争いをするほど需要のある脱毛器ですが、他にも「ディプレイを見ながら細かな調整が可能」「手動、自動の切り替えが可能」「音量調整(ミュートあり)」「単発、3連射、6連射が選べる」といった、機械としての使いやすさも見逃せないものとなっています。

男性向け家庭用脱毛器のまとめ

男性でも使える様々な家庭用脱毛器の特徴を比較しましたが、いかがでしたか?

冒頭でも申し上げましたが、家庭用脱毛器は「脱毛の為の脱毛」ではなく、「最終的に永久脱毛に極めて近い状態にする」ということが可能な物です。

近くにメンズ脱毛サロンがなく、仕方なくカミソリやシェーバーで自己処理している方に、家庭用脱毛器はおすすめです。

脱毛器もいろんな種類がありますので、ぜひ自身に合った最適な家庭用脱毛器を選んで使ってみてください。

-セルフ脱毛

Copyright© メンズ脱毛サロン口コミ人気ランキング , 2017 All Rights Reserved.