今や脱毛するのは女性だけではありません。毎日のヒゲ剃りが面倒くさい方、青髭で悩んでいたり、胸毛やすね毛が濃いことでコンプレックスを抱えている方に、脱毛で失敗しないためにおすすめの男性専用脱毛エステサロン・クリニックをご紹介!

男の脱毛Q&A

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は日焼けしている肌は脱毛できない?

投稿日:

日焼けをしている場合レーザー脱毛とフラッシュ脱毛はできません。
レーザーとフラッシュに使用される光は黒い部分に吸収されやすいという性質があります。
その性質を利用して毛根の黒いところに光が吸収され毛根にダメージを与えて毛が生えないようにしているのです。

日焼けをすると肌が黒くなりますね?
そのため光が肌全体に吸収されるようになってしまい、レーザー光によって火傷をしてしまいます。
なのでこの2つの脱毛法には日焼けは絶対に禁止です。

ニードル脱毛法は毛抜きはダメですが日焼けは関係なく脱毛することができます。

ただしニードル脱毛でも注意しないといけないのは、施術者の技術力です。
普段は毛の生えたところを狙い、刺し黒い毛根を攻撃します。
しかし日焼けしたということは全体的に黒くなるわけです。

確かに毛はそこにあり刺し間違えることはほとんとないでしょうが、毛根の位置が非常に分かりにくくなります。

そこは施術者の技量に任せるしかありませんが、わざわざ日焼けをしていく必要はないですよね?
なので基本的には脱毛を行う方は日焼けをしないように気をつける必要があります。

1-1

ヒゲを抜いている人も脱毛できない

もし、脱毛期間中に、毛を抜いていると、毛周期の周期がおかしくなり脱毛効果が遅くなることもあるので、毛抜きは辞めてくださいね。

1-3
もしヒゲを抜いていたら、抜くのをやめて2カ月程度間隔をあけてから脱毛しましょう。
レーザーでもフラッシュでも原理が黒い毛根に光が吸収されるからです。
ヒゲを抜くことで毛根ごと抜けてしまい標的にしていた毛根という黒い点を失ってしまうからです。そこにレーザーを照射してもなんの意味もありません。

そこで2カ月の間隔をあける必要があるのです。

なぜ2カ月なのかというと、人間のヒゲの生え換わりは5~8週間必要だからです。
毛穴が少し黒く見えるからいいかと思ってしまいがちですがせっかくやるのですから標的をくっきりさせてしっかり脱毛を行うほうがいいです。

これはニードル脱毛法でも同じです。毛の生えている毛穴に直接針を刺すことで脱毛を行うので毛が生えていなければ刺すことすらできません。
どの脱毛法を希望するにしても行く2カ月前から毛を抜くことをやめて我慢して剃ってください。

2か月我慢すれば脱毛を行い剃ることも痛い思いをして抜くこともないです。
我慢するのは大変だと思いますが高額な費用を払って効果がでないでは納得できないはずですから気をつけてください。

-男の脱毛Q&A

Copyright© メンズ脱毛サロン口コミ人気ランキング , 2017 All Rights Reserved.